業者を頼むなら


トイレの詰まりの場合、ラバーカップで解消できるか試してみて、駄目だったら早いうちに業者に相談すべきでしょう。特に時間がたつと悪臭や衛生にも良くないということもあり、トイレも使えないので、緊急でも来てくれる救急対応の水回りトラブル業者がおすすめです。しかし業者の中にはぼったくり業者もいないとは言い切れません。そこで信頼できる業者を選択することも大切です。1度利用すると良い業者ならまた利用できます。しかし初めてのときにはドキドキしてしまいます。

そこで初めてのときには作業をする前に見積もりを出してもらいましょう。そして納得のいく価格ならそのまま直してもらいます。しかし水回りのトラブルの中には、いろいろなところを交換したり、検査しなければならないこともあり、何十万という料金になってしまうこともるのです。そんな場合は、とりあえず応急処置だけしてもらい、近くの水道屋さんに相談しましょう。ホームセンターに相談して水道屋さんを紹介してもらうこともできます。

水道屋さんを選ぶときには、水道局の指定工事店を選びましょう水道工事を行うときには水道局指定の申請が必要となります。それがあれば信頼できると考えられるので、まずチェックすることが大切です。そして何かあったときには水道局に苦情を言うことができます。

ラバーカップを使う


水回りのトラブルの中でも一番厄介なのがトイレのつまりです。逆流してしまうこともあるので、本当に焦ってしまうこともあります。そんなトイレの詰まりのときには、まず通称すっぽんと言われているラバーカップを準備しておくようにしましょう。日用品などの売り場で500円~800円程度で売っています。購入したらラバーカップの正しい使い方もチェックしておきたいものです。ラバーカップを正しく使用してみて、それでも詰まりが解消されなかったら業者を呼ぶレベルと考えられます。

まずラバーカップを購入するときに間違っている人が結構いるようです。日本では和式のトイレはだいぶ少なくなってしまっていますが、昔からラバーカップというと、和式用のゴムのお椀を逆さにしたようなものに棒が付いているようなものを思い浮かべる人が多いはず。しかし今はほとんど洋式トイレなので、ラバーカップも洋式タイプを使用しなければ効果は半減してしまいます。洋式トイレ用のラバーカップは和式のタイプと同じようですが、ゴムのお椀のところの真ん中に直径8センチぐらいの筒のようなゴムがついています。つまり真ん中に円柱型のゴムがついているのです。それによって洋式トイレの穴にピッタリ合うようになっています。穴に垂直に立てて押し込み、一気に抜くという動作を繰り返しましょう。

水回りのトラブル焦らずに


水回りのトラブルは突然起きるので、本当に焦ってしまうことが多いものです。中でも水が止まらないトラブルと、下水やトイレが流れないという二つのパターンがほとんどではないでしょうか。どちらも急を要するトラブルとなります。特に水道の元栓を止める方法など知らない人は、水が止まらなくなったときなど本当に大変です。またトイレや下水が流れず詰まってしまうと、悪臭も発生します。特に洗面やキッチン、風呂場とトイレということになりますが、急を要するときにはとにかく緊急でも対応してくれる水回りトラブル業者を呼ぶことも考えなければなりません。

まずわたしたちが、もし水回りのトラブルに遭ってしまったときのために、前もってやっておくことは、水道の元栓を確認しておくこと。またトイレの詰まりなどの解消法を頭に入れておき、一般的「すっぽん」といわれているラバーカップを用意しておき、正しい使い方などもチェックしておきましょう。あとは緊急の水回りトラブルに対応できる業者の連絡先をチェックしておく準備はしておきたいもの。水回りのトラブルは起こってしまって初めて後悔するものなのです。

またトイレの詰まりは、業者を呼んでからある程度時間がかかります。その間にトイレに行きたくなったときにはどうするかなども考えておきたいものです。例えば近所にコンビニがあればそこを利用したり、もちろん近所に親しい人がいれば貸してもらうということもできますが、夜中に起こることもあるので、人に頼れない場合もあります。そこで簡易トイレを準備しておくなどもいいかもしれません。このようにいろいろな準備をしておくと、焦ることなく被害も少ないはずです。