ラバーカップを使う


水回りのトラブルの中でも一番厄介なのがトイレのつまりです。逆流してしまうこともあるので、本当に焦ってしまうこともあります。そんなトイレの詰まりのときには、まず通称すっぽんと言われているラバーカップを準備しておくようにしましょう。日用品などの売り場で500円~800円程度で売っています。購入したらラバーカップの正しい使い方もチェックしておきたいものです。ラバーカップを正しく使用してみて、それでも詰まりが解消されなかったら業者を呼ぶレベルと考えられます。

まずラバーカップを購入するときに間違っている人が結構いるようです。日本では和式のトイレはだいぶ少なくなってしまっていますが、昔からラバーカップというと、和式用のゴムのお椀を逆さにしたようなものに棒が付いているようなものを思い浮かべる人が多いはず。しかし今はほとんど洋式トイレなので、ラバーカップも洋式タイプを使用しなければ効果は半減してしまいます。洋式トイレ用のラバーカップは和式のタイプと同じようですが、ゴムのお椀のところの真ん中に直径8センチぐらいの筒のようなゴムがついています。つまり真ん中に円柱型のゴムがついているのです。それによって洋式トイレの穴にピッタリ合うようになっています。穴に垂直に立てて押し込み、一気に抜くという動作を繰り返しましょう。